So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

卒業と就職 [日記]

皆様お久しぶりです。

大学の4年間とは早いもので、あっという間に卒業となりました。
8時間後にはもう入社式です。
気持ちを切り替える意味も込めて、ブログを更新したいと思います。

大学入学時は「新ブログへ移転しました!」なんて言っていましたが、
結局は三日坊主でしたね笑

大学生活を一言でまとめると、「ザ・普通の大学生」といった感じだったと思います。

一年生の初めは超真面目で、必修の授業を休む際には「欠席届」を提出するという有様でした。
それが次第に授業には出なくなり…
サークルも行ったり行かなかったり、バイトも行ったり行かなかったり。

そんな大学生活で、印象深い出来事がいくつかありました。

第一は塾講師のアルバイトでしょうか。

なんとなく始めた地元の塾でのアルバイトでしたが、結局3年半続けることになりました。

実質時給は900円台というブラックな職場でしたが、中高一貫校に通っていた身としては初めて見る世界で、社会勉強として大変良かったです。

初回の勤務時に室長先生から言われた言葉が印象的で、
「君は日本の教育の最高峰から最底辺まで見ることになるよ」
と。

実際に、偏差値20台の生徒、教えたことをすぐ忘れる生徒、サボる生徒、宿題を必ず忘れる生徒、塾内でいじめをする生徒、等々衝撃的な光景が繰り広げられていました。

そんな生徒たちも、よくよく話を聞いてみると、
「お金がなくて季節講習しか塾に通えない」
とか
「学校でいじめられて引きこもっていた」
とか
「サッカーでは全国大会レベルで、勉強には興味がない」
とか
様々な事情で勉強へのモチベーションが高まらないことが分かりました。

塾には当たり前のように通えて、自分から勉強をして、優秀な友人に囲まれる、
という環境が当たり前だった私にとって、このような世界は目から鱗が落ちる思いでした。

当たり前だと思っていた環境が、実はとても恵まれた環境であったのだ、と。

高校生までは、よくインタビューなどで耳にする「今まで育ててくれた家族に感謝します」という言葉があまり好きではありませんでした。
なんとなく聞こえが良いから言っているのだろう、と思っていました。

しかし、今はその言葉の重みがなんとなく分かるような気がします。

「『努力は報われる』と考えられる人は幸せな人である」

これは、高校の卒業文集で友人が書いていた言葉ですが、
彼が高校生にしてこの言葉に至ったことに敬服します。

努力は確かに大抵報われます。
しかし、世の中には努力することさえ難しい環境で育てられた人も数多くいる。
月謝が払えず塾に通えない人も大勢いる。
自分がいかに恵まれた環境で育ってきたのか、ようやく分かったのが塾講師のアルバイトでした。

このほか、サービス業のアルバイトをいくつか経験しましたが、同じく新しい世界を見ることができました。


2点目は彼女ができたことです。

もう別れましたし詳しいことは書きませんが、
自分でも知らなかった自分の感情に気づく場面が何度もあり、
人間の感情の奥深さ、難しさの一端に触れることができました。

男子校で6年間過ごしてきた身として、いい経験だったなと思います。


続いてはゼミでの学びです。

私は3年次より経営学のゼミに所属していました。
ゼミの教授は製造業への造詣が深い方であり、数々の工場を見学したり現場の第一線で働く方々にお話を伺ったりする機会がありました。

こうした機会を通して、私は現場の人がいかに日々悩み、そして必死に働いているかを目の当たりにすることができました。

昨今、日本企業では経営上の不祥事が次々と明らかになっています。

これを見て、
「日本企業は終わった」
「やる気がない」
「無能だ」

といった言葉を同級生から聞くことが何度もありました。
また、就活で「日系企業は嫌だ」という人も見てきました。

こう思うのは人の価値観次第ですし、否定するつもりはありません。

しかし、一部の経営層だけを見て
「終わった」「無能」
と考えるのはどうなのでしょうか。

確かに経営判断を誤った例は数多ありますが、
経営史を振り返ると、これは別に日本企業に限った話ではありません。

日本的経営システムの是非については学術的な議論が繰り広げられていますが、
一長一短であると感じています。

少なくとも現場で日々頑張って働いている社員には何の罪もありません。
むしろ彼らの努力の積み重ねによって、日本企業は過去最高益を叩き出しているのです。

こうした現場の努力を無視して、
一括りに「日系企業」という括りで物事を見るのは視野が狭いというものです。

最後に、就職活動の経験です。

私は当初、インフラ系の企業を志望していました。
それが、インターンシップや選考に参加するなかで、
金融や政府機関、コンサル、不動産等様々な業界へ興味が広がり、
最終的には当初予想もしていなかった業種の会社へ入社することとなりました。

就活では様々な出会いと別れがあり、
魅力的な社会人の方に何人も出会いましたし、一方でがっかりする場面も幾度となくありました。

また、最後数社から内定をいただき、入社先を決める段では人生で一番迷いました。

3日間という限られた時間の中で、将来のキャリア、やりたい仕事、待遇、雰囲気など
あらゆる面から考えて入社先を決定する必要がありました。

その時、自分がいかに今まで「ブランド」というものに頼っていたのか、ということに気づかされました。

大学時代は「〇大生です」と言えば、ほぼ必ず「すごいね」と言ってもらえる世界であり、
正直それに心地よさを感じることもありました。

しかし、それには自己顕示欲を満たすという意味しかないのです。
「〇大」に自分は一体何をしたくて入ったのか、何をしたのか、
「ザ・普通の大学生」であった私にとって難しい問でした。


最後2社へ絞った時に、

やりたい仕事のA社と、
ブランドで勝るB社が残りました。

かつての私なら迷うことなくB社を選んだでしょう。
しかし昨夏、私はA社を選ぶことができました。


進学校からいい大学へ、というレールに乗っていた自分にとって、
初めて本当の意味で人生の選択をしたのではないかと考えています。

以上、話が長くなりましたが、
大学の4年間を通して、広く世の中を見、そして自分自身を見つめることができたと思います。

自分で言うのは変ですが、こうした経験を通して、謙虚になれたと思います。

私は高校の卒業文集でも「謙虚になりました」と書きましたが、
大学生活を終えて振り返ると、高校卒業時は全く謙虚ではなかったと感じています。

つまらぬエリート意識やブランドに依存し、自己顕示欲を満たしていたことが幾度となくありました。

きっとあのままなら、今も日々絶え間なくインスタグラムに写真を投稿し続け、自己承認欲求を満たしていたことでしょう。

もちろん今の自分にも向上心はありますし、承認欲求も自己顕示欲も一定程度はあります。
インスタグラムもツイッターも更新します。

しかし、新しい世界を見て、自分自身を見つめ、
そうした感情も含めて物事を客観的に見ることができるようになったと思います。

今後も、日々努力を怠らず、
そして謙虚に、人から学ぶべきところは学び、つまらぬ自己顕示欲を抑え、社会人として精進していきたいと思います。


いつか気が向いたらまた更新します。
nice!(0)  コメント(0) 

お久しぶりです [お知らせ]

お久しぶりです。誰も見ていないと思いますが更新します。


大学受験が無事に終わりました。


まだ構想段階ですが、今後は旅行関係の記事を中心に再び更新していきたいと思います。
もしかしたらブログを移転するかもしれません。


とりあえず来週辺りにブログの今後の方針をお知らせします。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グノテスト→模試→第二回特別考査→模試 [日記]

なんか高3らしい生活になってきた。

来月は来月で音楽祭,第三回特別考査等があり、休まらない日々。


特考は…数学が…アカン…orz

歴史は歴史で、
18世紀~19世紀のアラビア半島情勢を述べよ
→第一次ワッハーブ王国が興って
→(記憶の空白)
→第二次ワッハーブ王国が成立

みたいな感じで、ところどころに記憶の空白地帯が。


はてさて、数学の分を残り三科で挽回できているのだろうか…。結構怪しいぞ、うん。
なんか古文も先生から妙なプレッシャーを受けるし、参ったなあ。




とりあえず今は来週の模擬文化祭に向けて、ビーフストロガノフの味と色の向上に全力を挙げているところw
でも自分の中で文化祭を勉強からの逃げ道にしている気がして、ちょっと情けない今日この頃。




意外と今後雑感をブログに書く気がしてきた。
そうでもしないと生活が単調過ぎて参りそう。


では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

15回目の期末 [日記]

一応期末の感想は今回も書いておきます。


【数B】
直線の方程式を求める問題が(???)ってなって、最後の証明が(なんか違和感が…)という感じになったので、おそらく平均くらいでしょう、うん(願望)。実際、大問4を完答した人はほとんどいなさそうだし。

【日本史】
日本史の試験は3年ぶりですね。なんだか感慨深い。
穴埋めは直前暗記の成果を発揮して、あとは授業の記憶と常識力をもとに気合で解く、という感じ。
これで日本史の授業も終わりですね。(来年は独学にしたので)
年初はこの授業にすごく期待していたのに、なんだか裏切られた思い。
とか言いつつ、振り返ってみると日本史ガチ勢になってたし、なんだか微妙な一年でした。

【漢文】
☆ザ・暗記☆
「じょうしょう」を「じやうしやう」って書いたら花丸貰いました。
花丸なんて何年ぶりかなー。

【英語】
久々に時間が足りなかった、全く足りなかった。
英作とキメラが手つかず。
何が悪かったのかなぁ・・・、でも時間足りた人たぶん誰もいないよねw

【物理/生物】
問題が配られている中、学年163人の中でただ一人ドヤ顔で退出するのが爽快すぎて、なんかもう最高。
これだけで理科一科目選択を強行した甲斐があったなぁ、と。
すみません、半分冗談です。みなさんお疲れさまでした。

【古文】
物理/生物 の時間に一人図書室で黙々と勉強していたのに、まさかの記号選択で唖然。
こんなんだったら本でも読んでればよかった。

【数Ⅱ】
もう2年連続で一度も時間が足りたことがないんだけど・・・。
この試験で100点取っちゃう人が(何人も)いるのは本当に驚き。
理系の人は素直に凄いと思う次第。

【現国】
教科書の問題丸パクリ×2,プリントの問題丸パクリ×2でしたね。
なんか手抜きっていうか・・・まあ楽だからいいけど。

【政経】
文系の意地?で時間内に終わらせたものの、大慌てで書いたので字が汚すぎて、なんだか見るに堪えない答案に。来年は字の綺麗さも追求したい(笑)

【地学/化学】
化学の人がカリカリカリ・・・って書いてる横で、これまたドヤ顔で?見直しを3回くらい出来る地学はやっぱり神。
問題の9割が記号選択とかね・・・センター対策ですね、分かります。



さて、もう授業もほとんど無く春休みみたいな生活ですが、
この春こそは勉強する。

・・・って誰もが思ってますよね。

もちろん僕も勉強を頑張る予定だし、計画も立てましたが・・・

・卒業研究
・歴研原稿
・東横線と副都心線の直通を見に行く
・麻雀大会?

とかいろいろと。

特に卒業研究は4月中に終わらせないと後々で悲惨なことになるようなので、
勉強と並行して進めていかねばと思っています。


あとはZ会がひと月あたり21枚あるんだけどどうすれば・・・



まあどうにかなるよね。
では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013年になりました [日記]

明けましておめでとうございます。
今年も当ブログを宜しくお願いします。


・・・って言っといてどれくらい更新するかは未定ですが。


今年の正月は、箱根駅伝を見たり、墓参りをしたり、溜まっていたZ会を消化していたらあっという間に過ぎて行きました。

明日からまた冬期講習です。


さて、今年の抱負は・・・

やっぱり勉強でしょうかね。

最近、何が得意で何が不得意なのかも分からなくなってきているので、
手さぐりで今後の勉強方針を決めなくてはいけない感じです。

とりあえず塾は増やさない(通塾がめんどくさいのと、塾頼りになりそうなので)ままの予定ですが、
どうなることやら・・・。


この冬休みで規則正しい生活の重要性を痛感しました。

起きる→食べる→眠い→寝る→起きる→(ry

という生活から脱却したいと思いつつ、やっぱり眠いままの今日この頃。



明日からの塾は9:30新宿なので、なんとか早寝早起きにもっていけたらと思っています。




では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。